Canvaで縁取り文字を2分以内に作る方法【文字は重ねなくてOK】

Canvaで縁取り文字を2分以内に作る方法【文字は重ねなくてOK】

「Canvaでは縁取り文字は作れない」と思われている方は多いと思います

そして、YouTubeのサムネのためになんとか作ろうと調べても出てくるのは、

  • Canvaは縁取り文字作れないから他のツールを!
  • 文字と文字を重ね合わせたら縁取ったみたいになる!

といったようなイマイチな情報ばかり…

アザラ君
アザラ君

どうにかしてCanvaで自然な縁取り文字作れないの?

それともやっぱり無理なの?

アッシー
アッシー

いえ、縁取り文字なら2分で作れますよ

しかも文字を重ねずに

Canvaならいとも簡単に縁取り文字が作れるのです

よく言われる「文字と文字を重ねて〜」という手法でもありません

この記事では
  • Canvaで図解作成をしていて
  • Canva歴半年以上のボクが
  • Canvaで縁取り文字を作る方法を解説

具体的な手順はというと、

縁取り文字の作り方
  1. 縁取りたいテキストを入力
  2. [エフェクト]から[スプライス]を選択
  3. [オフセット]を0に変更
  4. [太さ]を好きに調整

たったのこれだけです

縁取り文字を作れずに悩んでいた方はサッと目を通して試してみてください!

Canvaで縁取り文字を作る方法:シンプルな3ステップ

Canvaで縁取り文字を作る方法:シンプルな3ステップ

Canvaで縁取り文字をつくる方法は、

  1. 文字の[エフェクト]欄から [スプライス]を選択
  2. [スプライス]から[オフセット]の値を0に変更
  3. [太さ]の値を変更(好きな値でOK)

こんな感じですね

2分で終わるようなシンプルな操作なのでご安心ください

アザラ君
アザラ君

文字の入力のしかたは下に示している通り!

文字の入力方法

① テキストの[エフェクト]から[スプライス]を選ぶ

テキストの[エフェクト]から[スプライス]を選ぶ

まずは下のようなただの文字を用意します(今回は赤文字で)

ただの赤文字

そして、下のバー(PCの方はおそらく上)から[エフェクト]と書いてある欄を押します

そうすると[影付き]や[浮き出し]といった項目がズラッと並んでいるので、その中から[スプライス]を選んで押しましょう

[スプライス]を選択

アザラ君
アザラ君

こんな感じでちょっと枠からはみ出てるような文字になってたらOK!

② [スプライス]から[オフセット]の値を0に変更

[スプライス]から[オフセット]の値を0に変更

テキストの[エフェクト]から[スプライス]で加工できたところで、次のステップです

もう一度[スプライス]を押してください

ワンモア[スプライス]

[オフセット]という項目の値が50になっているかと思うので、その値を0にしましょう

すると、こんな具合に薄い赤の文字がスッポリ枠の中に納まりましたね

アザラ君
アザラ君

これで一応縁取り文字は完成だよ!

中の切り抜き部分の色を変えたかったら下の[カラー]から変えてね!

切り抜き部分の色を変更

ちなみに、縁の色を変えたくなったらテキストの色を変えるだけです。カンタンですね

③ 縁の太さを変える

縁の太さを変える

とはいっても[オフセット]で縁取りにしただけではやや味気ないので、縁を太くしていきます

お気づきの方もいると思いますが[オフセット]の上に[太さ]という項目があります

デフォルトでは50となっているので、好きな値に変更してください(最大100まで)

アッシー
アッシー

縁取り文字はこれで完成です

意外とカンタンでボク自身も拍子抜けでした

Canvaで縁取り文字を作る方法まとめ

Canvaで縁取り文字を作る方法まとめ

Canvaで縁取り文字を作る方法は、

縁取り文字の作り方
  1. 文字の[エフェクト]欄から [スプライス]を選択
    文字に細い枠とズレた色文字が表れる
  2. [スプライス]から[オフセット]の値を0に変更
    色文字が枠の中にスッポリおさまる
  3. [太さ]の値を変更(各自好きなように)
    縁の最大幅は100まで

こんな感じですね

裏技とかそういうものではありませんが、これが今の段階でボクが見つけたカンタンかつ最短の方法だと思っております

アッシー
アッシー

いちいちテキストをコピーして重ねたり、位置を微調整したりしなくても大丈夫ですしね

今回紹介した方法は無料版をご利用の方でも使えるものなのでご安心ください

Canvaには本当に色々な活用方法があるので、ぜひ今回解説した縁取り文字を使ってYouTubeのサムネづくりやアイキャッチづくりに役立ててくださいね!

アーカイブ
カテゴリー