【Android版】Canvaの使い方をまとめて解説【初心者も余裕】

アザラ君
アザラ君

Canvaって使い方とかあんまり分からないんだよね……
簡単なのは知ってるけど…

アッシー
アッシー

Canvaの使い方なんて1時間もかからないうちにマスターできますよ!
あとは始めるのみです…!

Canvaを使えば本当に誰でも「それっぽい」デザインを作れます

この記事では
  • Canvaで図解作成をしていて
  • Canva歴4ヶ月以上のボクが
  • Canvaの使い方を詳しく解説します

Canvaの使い方のうち「知っておくべき!」というものは、

Canvaの使い方
  1. デザインのサイズを選ぶ
  2. 画像内に文字を入れる
  3. 文字に細かい編集を加える
  4. 素材を検索して配置する
  5. 素材の色を変える
  6. 写真をアップロードする
  7. 写真や素材の透明にする
  8. 要素の配置を調整する
  9. 要素をコピー(複製)する
  10. 要素を反転させる
  11. 文字や素材をグループ化する
  12. 邪魔な要素を削除する
  13. デザインの状態を巻き戻す
  14. 2ページ目のデザインを作る
  15. デザインの名前を変更する
  16. デザインを保存する
  17. 保存する形式を変える(pngやjpgなど)
  18. ホーム画面から編集を再開する
  19. いらないデザインを削除する

とりあえずこんな感じですね

Canvaの多機能さゆえに困ってしまうかもしれませんが、恐ろしいほどカンタンな操作なのでご安心ください

アッシー
アッシー

ここで解説している使い方が分かれば、もうCanvaを使いこなしたも同然ですよ!

パッパと見ていってください〜

始め方に関しては下の記事をご覧ください

リンク

Canvaの基本的な使い方:慣れたらカンタン

Canvaの基本的な使い方:慣れたらカンタン

まずはCanvaのアプリを開くところから始まります

アザラ君
アザラ君

Canvaをまだインストールしていない方はこちらから!

Canvaでデザイン作成開始!

そしてこの画面になったら、Canvaでデザイン作成を始めましょう

なお、この記事ではかなり初歩的な操作方法も解説しているので、クドく感じる方もいるかと思います

その場合は[目次]から自分の気になる部分だけを見てくださいね

アッシー
アッシー

ここではAndroidアプリ版のCanvaの使い方について解説しておりますが、iPhoneアプリ版もほとんど同じ要領なので、参考にはなるかと…!

① デザインのサイズを選ぶ

デザインのサイズを選ぶ

まずは、Canvaで作りたい画像の用途に合わせてサイズを選びましょう

画像サイズの選び方は、

  • 上のバーから検索
  • 右下の「+」から選択

この2種類があります

デザインのサイズを選ぶ

どちらの方法でも選ぶことは普通にできるので、ご心配なく

アッシー
アッシー

一応、両方の方法でやってみますね!

[検索]でサイズを選ぶ

[検索]でサイズを選ぶ

まずは、上の「〜を試す」と書かれている検索バーをタップします

[検索でサイズを選ぶ]

そして、検索バーに自分の作りたいデザインの名前を入力していきましょう

といっても、あまりピンとこないと思うのでボクがよく使うものを用途別にまとめてみると、

  • ブログのアイキャッチ
    「Facebook広告」
  • 正方形
    「Instagramの投稿」
  • Twitterのヘッダー
    「Twitterヘッダー」
  • スマホの壁紙
    「携帯電話用の壁紙」
  • 縦長の画像
    「インフォグラフィック」

などなど…用途に合わせて使い分けてください

アッシー
アッシー

自分がよく使うものは「これ!」と決めておくと早く選べますね

[+]から選択する方法

[+]から選ぶ

右下にある「+」の丸いボタンを押すと、検索バーが表示されるので自分の作りたいデザインに合ったサイズ(寸法)を選びましょう

あとは、自分の用途に合った名前を検索するだけです(Twitterのヘッダーを作りたいのなら「Twitter ヘッダー」ポスターを作りたいのなら「ポスター」といった具合に)

[デザインを作成]から選ぶ

[デザインを作成]から選ぶ

ホーム画面の[デザインを作成]という項目を横にスクロールすると比較的メジャーなデザインがたくさん表示されますね

検索するのが面倒な場合はこちらから選ぶのもアリです

アザラ君
アザラ君

インスタ用の画像とかPinterest用の画像なんかはここにあるよ!
もし目当てのが見つからなかったら上のバーから検索してみよう!

② テンプレを選ぶ:使わなくてもOK

テンプレを選ぶ:使わなくてもOK

Canvaでは様々なデザインのテンプレートがあります

具体的にはこんな感じで、普通にオシャレなものが多いです

Canvaのテンプレート1
Canvaのテンプレート2

もちろん、このテンプレートを使わなくてもデザインを作るのは可能です

アッシー
アッシー

自分の作りたいものとは「ちょっとちがう……」となるものも多いので、本当に好みの問題だと思います

ただ、文字やイラストの配置はかなり参考になると思うので、一人で構成に迷ってしまうくらいならテンプレに頼ってしまっていいかと…!

テンプレは請求書のような「オリジナリティーを出さなくてもいいもの」を作るときはとても便利です

請求書を作るのが始めてでも、Canvaのテンプレに沿って作成することができるのでいいですね

テンプレートを使う場合は、使いたいテンプレートをタップするだけでOKです

Canvaのテンプレートを使う

今回はこちらの「Facebook広告」のテンプレートを選んでみます

Canvaのテンプレートを使う2

すると、このようにテンプレートがそのまま表示されるので、自分好みにいじっていきましょう

アザラ君
アザラ君

写真や文字はしっかり変えようね!
フォントとかも自分好みに!

ここでテンプレートを選ばなくても、編集画面の[テンプレート]というところから新たに選ぶことも可能です

迷ってしまうくらいなら「空白」を選ぶといいですよ

③ 画像内に文字を入れる

Canvaで作りたい画像サイズを選び終えたら、次は文字を入れていきましょう

ここでテンプレを選んだ方は、そこに入力されている文字を変えるだけでいいですね

Canvaで文字入力

まずは、右下の[+]から[テキスト]をタップします

テキストを入力

そして、

  • [見出しを追加]
  • [小見出しを追加]
  • [本文を追加]

基本的にはこの3つの中のいずれかを選択します

アッシー
アッシー

無料版を使っている方にとっては大した差はないので、どれでも好きなものを選んでください

どうせフォントもサイズも変えるんですから

今回はテキトーに[見出しを追加]でいきます

見出しを追加

すると、文字が選択されている状態になるので、次は編集していきましょう

  CHECK! 

「文字の装飾とか自分でするのムリ!いや!」という方は[本文を追加]の下にある[フォントの組み合わせ]という項目を下にスクロールしていきましょう

すると、ネオン風の文字やポップな文字がたくさん表示されるので、困ったらこちらから選んでみるのもありかもしれません

文字の内容を編集する

文字内容を編集する

やり方はいたってシンプルで、文字を選択したら下に[編集]というボタンがあるのでそちらをタップします

あとは普通に自分の入れたい文字を入力していくだけです

アザラ君
アザラ君

簡単だね!文字が長くなりそうだったら、文字の周りにある水色の枠を広げるといいよ!

今回は「Gaku-Life」と入力してみます

Gaku-Lifeと入力

文字の色を変える

Canvaでは文字の色をそのままにしておくと真っ黒(#000000)なので、今から少し色を変えてみます

まずは、色を変えたい文字をタップしましょう

文字をタップ

上の画像で示しているように下に表示されたバーを横にスクロールしてみてください

すると「A」の下に虹の線がかかったようなマークが出てくるので、タップ

テキマークをタップ

ここには、

  • [使用中のカラー]
  • [ブランドカラー]
  • [デフォルトカラー]

といった項目が用意されています

どういう意味なのかカンタンに説明すると、

  • [使用中のカラー]
    デザイン内で使用している色
  • [ブランドカラー]
    pro版だとここに好きな色を登録可能
  • [デフォルトカラー]
    Canvaで元々 用意されている色

ということです

アザラ君
アザラ君

一番使うのは[使用中のカラー]だと思うよ!
無料版の人は[デフォルトカラー]の部分は無視してOK!

カラーホイール

また[使用中のカラー]の隣にある虹色の四角を押すと、このように色をより細かくイジることができます

その下に表示されている「#〇〇〇〇〇〇」というのは16進数カラーコードといって、ザックリ言うと色を文字で細かく(?)定義したものですね

アッシー
アッシー

[デフォルトカラー]の項目も意外と種類が豊富でいいですね!

色を検索する

アザラ君
アザラ君

な〜んかイマイチいい色がないな〜
淡い黄色が欲しいんやけどな〜

となった場合に労せず色を取得できるのが、上に表示されている検索です

まずは検索バーに自分が探している色を大雑把に入力してみましょう(淡い黄色なら「黄色」濃い赤なら「赤」)
「淡い黄色」の検索結果

すると、このように検索した色とそれに合うような色がセットで出てきます

配色とかをこだわるのが面倒ならばここから選ぶのもアリですね

文字のフォントを変える

文字のフォントを変える

フォントをかえるのもいたってシンプルです

フォントを変えたい文字をタップして、下のバーに表示されたフォント名([編集]の横)をタップしましょう

アザラ君
アザラ君

あとは自分好みのフォントを選んでタップするだけだね!

文字の大きさを変える

文字の大きさを変える

シンプルの一言

編集したい文字をタップして表示されたバーの[〇〇pt]という部分を選択します

すると上の画面のようになっていると思うので、なんとなくで数値を上げるもよし、数値を編集して細かく編集するよし、ご自由に

アッシー
アッシー

それよりも、文字をタップしたときに表示される水色の枠をグワングワン動かして調整するのが一番速いとは思います笑

文字に細かい装飾をつける

Canvaでは文字に、

  • 太文字化
  • イタリック化(斜めらせる)
  • 下線引き
  • 並べ方変更
  • 一括大文字化(アルファベット)
  • リスト化
  • 行間・文字間の変更
  • 並べ方変更(縦書きに)
  • エフェクト追加

など……様々な装飾を加えることができます

どこでどれを変えられるのか分かりにくいと思うのでザッとまとめると、

  • 太文字化
    [B]の部分から
  • イタリック化(斜めらせる)
    [I]の部分から
  • 下線引き
    [U]の部分から
  • 並べ方変更
    4本線のマークから
  • 一括大文字化(アルファベット)
    [aA]の部分から
  • リスト化
    4本線に点がついたマーク
  • 行間・文字間隔の変更
    縦矢印のはいった4本線から
  • 並べ方変更(縦書きに)
    [T]の部分から
  • エフェクト追加
    [エフェクト]の部分から

となっております

大して複雑なものでもないので、実際に使ってみた方が覚えられると思いますよ

[エフェクト]では例えば文字の周りに淡い影を浮き出させたり、ネオン風にしたりといった具合にオシャレな加工ができます

[エフェクト]で加工

アッシー
アッシー

今回は[B]で文字を太くしたのと[エフェクト]の[浮き出し]でぼんやり全体に影をつけてみました

④ 素材を検索して配置する

素材を検索して配置する

Canvaを使う上でもう確実に必要になってくるのが[素材]

この素材さえ使いこなせたら、あとのことは割とどうでもよかったりします

この素材なのですが、なぜか使いこなせずに雑コラのように置いているだけになっていたりする人が意外と多いのです……もったいない…

アッシー
アッシー

Canvaを使うなら欠かせない要素です!
「は?何それ?面倒くさそう…」と思う方もしっかりと覚えてくださいね!

というわけで、まずは編集画面の右下[+]から[素材]をタップしてくだい

[素材]をタップ

すると、上の画面のように色々な素材・イラストが表示されましたね

この時点で表示されたものだけでも、

  • おすすめ
  • 図形
  • スタンプ
  • グラフ(数値はいじれる)
  • フレーム(好きな写真を入れられる)
  • グラデーション
  • シンプルな手書きのイラスト
  • 手書きの動物
  • 2色のアバター

などなど……本当に多いです

ただ、それでもやはり自分が求めているものはなかなか見つからないと思うので、検索してみましょう

素材を検索

まずは、上に表示されている[アイコンと図形を検索]という検索バーをタップしてください

そして、自分が使いたいもの(犬やらハヤブサやら正方形やら車など)を入力していってください

アザラ君
アザラ君

日本語で検索してもいいの?

アッシー
アッシー

日本語でも全然OKですよ!
ただ、個人的には分かるのなら英語で検索してみることをオススメします

というのも、Canvaは海外産のアプリなので、主流な検索方法はやはり英語なのです…

日本語で検索してもヒットするのは、ただ単にCanva側で「日本語→英語」に翻訳しているだけということだと思います

本当に微々たるちがいにはなりますが、検索結果が違っていたりすることも

例えば、下のように「人」と検索したものと「person」と検索したものと「people」と検索したものとでは、まるで検索結果がちがいますね

アッシー
アッシー

イマイチ仕組みは分かりませんが、基本的に日本語で検索したときよりも英語のときの方が多く表示されることもあるということだけ伝えておきます…!

まぁ、そんな細かいことはどうでもいいので「カメ」と調べてみましょう

[カメ]の検索結果

「カメ」に合う素材が色々と出てきましたね

右下に王冠マークがついている素材はpro版(有料.ver)にしないと使えない素材です

どうしても使いたい場合はpro版に切り替えましょう

この中から自分が使いたい素材をタップします

すると、デザイン内に選んだ素材が表示されるので、自分好みに編集していきましょう

ちなみに、素材の大きさを拡大・縮小する方法はいたってシンプルで、

  • 素材を選択して水色の枠を表示させる
  • 水色の枠の角(白丸)を動かす

これだけですね

素材を拡大・縮小

アザラ君
アザラ君

Canvaは感覚で操作できるからカンタンだね!

⑤ 素材の色を変える

素材の色を変える

Canvaで使うことのできる「素材」の何が一番スゴいのかというと、色を(ほぼ)自由に変えられるということですね…!

正直、これがあるからCanvaを使っていると言っても過言ではないです

アッシー
アッシー

逆に、Canvaを使うのであれば知っておかないと圧倒的に損しますよ!

色を変えるといっても方法はいたってカンタンで、

素材の色を変える

  1. 素材を選択する
  2. 下のバーの色のマーク(四角)をタップ
  3. 好きな色に変える

はい、これだけですね

[使用中のカラー]や[デフォルトカラー]に好みの色がない場合は、虹色のマークをタップしてより細かく色をいじっていきましょう

アザラ君
アザラ君

文字の色を変えるのと同じ要領だね!

ただ、ときたま上の画像のように色が変えられない(or 一色だけ固定)という素材も表示されます

見極めるのは本当に感覚なので、そのままの色で使いたくないのであれば潔く別の素材を選びましょう

アッシー
アッシー

「#〇〇〇〇〇〇」といった16進法のカラーコードなんかを入力して、色を変えるということもできますよ!

⑥ 写真をアップロードする

写真をアップロードする

まずは、デザインの編集画面の右下にある「+」から[アップロード]をタップします

そして[画像または動画をアップロード]で好きな画像を選択してください

アップロードが終了したらその画像をタップして好きな場所に配置しましょう

アザラ君
アザラ君

Canvaは本当にカンタンだね!

⑦ 写真や素材を透明にする

写真や素材を透明にする

写真をまずは透明にしてみましょう

透明にしたい写真をタップしたら表示される下のバーから、黒とグレーのグラデーションのマークをタップしてください

元々は[透明度100]となっているので、100から数値を小さくしていくと透明になっていきます

アッシー
アッシー

素材も全く同じ方法で透明にすることができます!
もちろん0にすると全く見えなくなってしまいます笑

⑧ 要素の配置を調整する

要素の配置を調整する

まずは移動させたい要素をタップします

水色の枠が表示されたら、タップしたまま移動させたい場所まで運びましょう

アッシー
アッシー

はい、これだけです

なんら難しいことはないですね…!

⑨ 要素をコピー(複製)する

要素をコピーする

一度配置した要素をもう一つ作るということですね

まずはコピーしたい要素をタップして、下のバーに表示されている「紙が2枚重なっているような」マークをタップしましょう

そうすれば、全く色や大きさなども同じ状態でコピーすることができます

⑩ 要素を反転させる

要素を反転させる

反転させたい要素をタップしてから下のバーに表示されている[反転]をタップしましょう

すると、

  • [水平に回転](左右に反転)
  • [垂直に反転](上下に反転)

この2つの項目がでてきますので、好きな方を選んでください

⑪ グループ化する

グループ化する

Canvaでは要素と要素をまとめて選択する「グループ化」というものがあります

使い方はカンタンで、まずグルーピングしたい要素を長押しします

すると[1個の要素が選択済み]という表示が出るので、そのままグルーピングしたいもう一方の要素をタップしましょう

もう一方をタップ

アザラ君
アザラ君

選択済みの状態のまま下の[グループ化]をタップしてね!
そうしたら終わりだよ!

グループ解除

グループ化を解除したいときは、グループ化で選択した要素(どれでもいい)を1つタップして、下のバーに表示されている[グループ解除]を押せばOKです

⑫ 邪魔な要素を削除する

邪魔な要素を削除する

まずは、削除したい要素をタップします

下のバーに表示されているゴミ箱マークの[削除]をタップすれば削除完了です

削除を取り消す(やり直す)には?

削除を取り消すには?

やり方はいたってシンプルで、まず左上に表示されている「左向きの矢印」を押してください

1タップで1回分巻き戻せます

具体的にいうと、たとえば

  1. 素材の色を変えて
  2. 素材を削除して
  3. 文字を追加した

という場合で「素材の削除をキャンセルしたい」ときは2回 左矢印をタップしないといけないということですね

アザラ君
アザラ君

逆に「やっぱ削除したい!」ってときにはその横の右矢印を押せばOKだよ!

⑬ 2ページ目のデザインを作る

Canvaではデザインを数ページに分けて作って、まとめて保存するということも可能です

2ページ目のデザインを作る

まずデザインの右上にある[・・・]をタップしたあと、[+]に紙がひっついたようなマークをタップしましょう

これで完了です

アッシー
アッシー

ページごとコピーして2ページ目を作りたいという場合は、その横の紙2枚のマークをタップでOKです

⑭ デザインの名前を変える

デザインの名前を変える

デザインの上に表示されている[ファイル]をタップしてください

そして、このように「〇〇〇〇」と書かれている横の[鉛筆マーク]をタップすると、しっかり自分好みに編集することができます

⑮ デザインを保存する

デザインを保存する

いよいよ作り終わったデザインを保存します

やり方は2種類あって、

  • ダウンロードからpngで保存
  • 共有からpng、jpg、pdfなどで保存

この2つですね

アッシー
アッシー

まぁ 大差ないといえばそれまでなのですが、個人的には共有の部分から保存を使うことが多いですね

ここでいうダウンロードは左側の下矢印マーク共有は上矢印マークと考えてください

画像を保存する

ダウンロードからだと問答無用でpng形式での保存となりますが、共有の[名前をつけて保存]からだと

  • PNG形式
  • JPG形式(PNGよりは低画質)
  • PDF形式(高画質)
  • GIF
  • MP4形式(高画質な動画)

といったように、用途に合わせて保存することができます

アッシー
アッシー

一度、PDF(印刷)で保存してからPNGに戻して高画質な画像を作るというライフハックもありますしね

⑯ ホーム画面からデザイン編集を再開する

アザラ君
アザラ君

やったァァ!!デザインを作り終わった!

と保存も終えてウキウキした気分でホーム画面に戻っても、あとになってから修正したい箇所なんかも出てくるでしょう

ホーム画面

下のバーに[ホーム]やら[デザイン]やら[メニュー]やらが表示されていると思います

まずは、その中の[デザイン]をタップしましょう

アッシー
アッシー

あとは編集を再開したいデザインをタップすればOKです!

デザインを削除・コピーする

ちなみに[全てのデザイン]に表示されているデザインの右上に[・・・]が表示されていますが、ここでは

  • デザインの編集
  • デザインのコピー
  • フォルダーへの移動
  • ダウンロード(保存)
  • デザインの削除

といったことができます

まぁ、実際に見たらすぐに分かると思いますが…

コピーしたい場合は[コピーを作成]で、削除したい場合は[ゴミ箱へ移動]をタップすればOKです

アザラ君
アザラ君

削除したデザインはもう復元できないの?

アッシー
アッシー

そんなことはありませんよ

復元したい場合は、下の[メニュー]から[ゴミ箱]をタップしてください

ゴミ箱内のデザインの右上にまたもや表示されている[・・・]をタップからの[復元する]で復元完了です

Canvaの使い方 まとめ!:一気に覚えられなくても全然OK

Canvaの使い方 まとめ!:一気に覚えられなくても全然OK

Canvaの基本的な使い方は、

Canvaの使い方まとめ
  1. デザインのサイズを選ぶ
    用途に合わせたものを!
  2. 画像内に文字を入れる
    右下の[+]から[テキスト]へ
  3. 文字に細かい編集を加える
    下のバーから[編集]や[フォント]など
  4. 素材を検索して配置する
    日本語で検索してもOK
  5. 素材の色を変える
    下のバーから細かく変更可能
  6. 写真をアップロードする
    右下の[+]から[アップロード]
  7. 写真や素材の透明にする
    0〜100まで細かく調整可能
  8. 要素の配置を調整する
    要素をタップして動かすだけ
  9. 要素をコピー(複製)する
    下のバーの紙2枚マークから
  10. 要素を反転させる
    下のバーの[反転]から
  11. 文字や素材をグループ化する
    複数の要素を選択して[グループ化]
  12. 邪魔な要素を削除する
    下のバーの[削除]から
  13. デザインの状態を巻き戻す
    左上側にある左矢印マークで
  14. 2ページ目のデザインを作る
    右上の[・・・]から
  15. デザインの名前を変更する
    左上の[・・・]から鉛筆マークで
  16. デザインを保存する
    右上の上矢印 or 下矢印から
  17. 保存する形式を変える(pngやjpgなど)
    上矢印から[名前を付けて保存]
  18. ホーム画面から編集を再開する
    編集したいデザインをタップ
  19. いらないデザインを削除する
    デザインの右上の[・・・]から[削除]

とまぁ、こんな感じですね

本当に基本中の基本の使い方を解説させていただきましたが、正直 Canvaで覚えることはこれくらいです笑

アッシー
アッシー

そりゃあもちろん他にも色々と機能はありますが、基本的な操作をしっかり覚えておくだけでもOKですよ…!
あとは慣れです

こんなことを言ってはなんですがCanvaは感覚で操作できてしまうので、あくまで参考程度に確認してくださいね…!

ぜひ、Canvaで「それっぽいデザイン」を作っていってください!

アーカイブ
カテゴリー